PROFILE

SHINGOMAN

[ Singer : Guitarist : Sound Producer : Rec Mix Engineer ]

得意分野 : Rock / Heavy Rock / Mixture Rock / J-POP / EDM / アイドル / アニソン / HIP-HOP / R&B / and more...

21歳のときに自身でミクスチャーロックバンド『Agitato』(アジタート)を結成し、ヴォーカルを担当する。

2010年1月、西川貴教氏(T.M.Revolution、abingdon boys school)が立ち上げたDefrock Recordsよりデビュー。

2010年1月20日に1st mini Album 「COLORS」をリリース。M-1「Lucky」はテレビ朝日系列ワールドプロレスリング ファイティグソング。

2011年9月14日に2nd mini Album 「NOW or NEVER」をリリース。

バンド内では作詞、作曲、編曲、レコーディングまで行っていた。

持ち前の器用さを生かし、ヴォーカルの他にもギター、ベース、ドラム、ピアノ、プログラミングなど幅広くこなす。

2013年5月、Agitatoが無期限活動停止になったことを期に作家活動に専念し、様々なジャンルで作曲、編曲を中心に活動し現在に至る。

特にバンドの経験を生かしたROCK&POPSアレンジには定評がある。ここ近年はEDMなどシンセサイザーアレンジやプログラミングアレンジや自身がヴォーカリスト、ギタリストなのもあり、ヴォーカルやギターやベースレコーディングにもおいても定評がある。近年では楽曲制作はもちろん、サウンドプロデュース、Rec Mix エンジニアとしても活躍、パンチのあるサウンドに、立体感のあるサウンドが持ち味。


Diana Sound Entertainmentを立ち上げ、プロデュースや作家の育成に力を入れている。スタジオ S.S.S STUDIOを所有する。

SIGN SOUND LLCに初のクリエイターとしても所属。

絶対的に目が離せないサウンドプロデューサーの一人である。


WORKS

Agitato / BULL ZEICHEN 88 / T.M.Revolution / FLOW / IKUO(BULL ZEICHEN 88) / Akino with bless4 /  GUYZ /
淳士(BULL ZEICHEN 88 / ex SIAM SHADE) /
栄二郎 (BULL ZEICHEN 88)/ Hey!Say!JUMP / ASH DA HERO / CREATEUR / iMy / ニコラスエドワーズ / 黒沢ともよ / 小倉唯 /  EX-TRYGHT小澤亜季 / KOISURU FREAK(恋するフリーク) /

アクアノート / 田中聖 / ひきこもりでもフェスがしたい! / VIV / ヒナタトカゲ / TRiDENT / プラスワン /  ALL iN FAZE /
Magic//numbeR / Gacharic Spin / 佐咲紗花 / 

その他、大型野外フェス、アニメ音楽ゲーム、音楽アミューズメント施設のテーマソングなどの楽曲提供やインディーズバンドのアレンジやプロデュース、レコーディング等多数手掛ける。

雑誌掲載

サウンドデザイナー 2019年5月号
サウンドデザイナー 2018年7月号
サウンドデザイナー 2016年3月号


LINK

Diana Sound Entertainment https://dme.diana-co.net/

SIGNSOUND http://signsound.net/ (サウンドクリエーター マネージメント)

Agitato http://agitato.jp